OICについて

OICのビジョン

IMG_0752私達のビジョンは、世界中のクリスチャンや地域教会の霊的成長をサポートすることにより、神様に栄光を帰すことです。使徒パウロは開拓伝道をした宣教師として有名です。しかし、開拓を終えてからも、それぞれの教会を強めるミニストリーに精を入れました。パウロは個人訪問(使徒14:22、15:41、18:23)、そして手紙を通し、教会の霊的成長を確かなものとしていったのです。

現在、世界中であらゆるキリスト教ミニストリーが立ち上げられています。歴史の深いものもありますし、まだ始まって間もない団体もあるでしょう。このような中、OICは地域教会を強化する働きに携わっていきます。堕落した世界で、堕落した人々が共に生活するのは容易ではありません。このように、日常で苦しみを抱えているクリスチャンの兄弟姉妹をサポートすることを目指しています。私達のビジョンは、それぞれの地域教会が御言葉の十全性(人が福音、そして神への従順な生き方について知るには、聖書だけで十分だという教理)を土台とした魂のケア(カウンセリング)を施すことができるよう、トレーニングとサポートを提供することです。OICはいくつかのプログラムを通し、トレーニングとサポートを提供します。このように地域教会と、人生に落胆しているクリスチャンの兄弟姉妹により効果的に手を差し伸べる方法を分かち合うことにより、人々が再び神様の恵みの豊かさに気づき、預かることができるよう導きます。

OICの信仰箇条

私たちが信じて教えること:

 

  • 聖書は神の霊感を受け、絶対的権威を持ち、誤りがなく、十全であると信じる。生ける真の神は唯一であり、天地宇宙、天使、そして人間の創造は、聖書の記述通りであると信じる。
  • 聖霊は、三位一体の一位格であり、本質において父なる神、子なる神と等しいと信じる。
  • イエス・キリストは、聖霊により奇蹟的に人として御生れになり、神のひとり子であり、子であられる神だと信じる。
  • 人間は、創造主の掟のもとに、無垢なもの(神のかたちで、神に似たもの)として創造されたが、故意の違反によってアダムは罪のない状態から堕落した。その結果、アダムの罪の性質を受け継ぐ者として、すべての人間は生まれながら罪責を負う者となった。同時に自らの性質、行為においても罪を犯す者であり、防御も弁解の余地もなく、正当な裁きを受けるべき者であると信じる。
  • 救いは、神が主導され、ただ神の恵みによると信じる。
  • 主イエス・キリストを信じる信仰だけが、救いの条件だと信じる。
  • 真に救われた者は、イエス・キリストのため、父なる神に守られていると信じる。
  • 地域教会は、浸礼のバプテスマを受けた信者によって組織された集いであり、平等な地位、特権があり、神の言葉に従い、いかなる外部の教会的権威の支配から独立していると信じる。
  • イエス・キリストの再臨は患難期の前、千年王国の前に起き、いつでも起こり得ると信じる。

OICの宣教師

下の写真をクリックすると、各宣教師のストーリーとミッションを読むことができます。

 

OIC発展計画のパートナー(OIC理事会)

ティモシー・フィンク牧師

BMM宣教師

マイケル・ヘス牧師

主任牧師

マイケル・マシー牧師

主任牧師

エリック・オストランダー氏

会社員

ジェームズ・トス牧師

主任牧師

ウェイン・ヴァンダーワイヤー博士

OICエグゼキティブディレクター

カート・グレーディー博士

会社員

ロバート・ホワイト博士

OIC名誉所長

imagejpeg_0

 

 

ロバート・E・ホワイト博士

2006年6月、OICが発足した以来、博士は忠実にOIC理事員の任を務めてくださいました。博士が理事員から引退された際、発展計画パートナーの全会一致により、ホワイト博士にOIC名誉所長の称号が与えられました。

This post is also available in: 英語 ポルトガル語(ブラジル)